第38回. [本章] Mリーグ編 ➆

第38回. [本章] ~ Mリーグ編 ~(バビィの新・「プロ論」)

[公開日:2019/03/05(一部掲載中)]

   Check  

バビィの新・「プロ論」目次 へ <<

月刊「麻雀界」で好評連載中のバビィの新・「プロ論」。以下、「2019年3月1日発売号」の連載内容を特別に掲載させて頂いています。(太字・色づけ等は当サイトにて付与)

▼▼▼ ここから馬場プロの連載より ▼▼▼

プロ麻雀業界にとっての新たな年

プロ麻雀界に衝撃を与えたMリーグ。昨年10月に始まったレギュラーシーズン(全140試合)も、その全日程も終え、あとはファイナルシリーズ(全24試合)を残すのみとなりました。

決勝戦に進んだのは次の4チーム。

◆ EX 風林火山(テレビ朝日)
◆ 渋谷 ABEMAS(サイバーエージェント)
◆ KONAMI 麻雀格闘倶楽部(コナミアミューズメント)
◆ 赤坂ドリブンズ(博報堂DYメディアパートナーズ)

果たしてどのチームが初代のチャンピオンとなり、優勝賞金5千万円を手にするのでしょうか。さらなる白熱した闘牌に期待が寄せられています。

さて、レギュラーシーズンの最終日、僕はパブリックビューイングの会場に足を運びました。

ファイナルステージ進出チームを見届けるという目的の他に「オフィシャルサポーター」の皆さんの様子をチェックしたかったからであります。

オフィシャルサポーター制度は、Mリーグ機構が新たに仕掛けたファン拡大のための「戦略」です。

機構のホームページには、このように記されています。

M.LEAGUE のオフィシャルサポーター(入会費無料・年会費6500円)に入会すると、入会特典グッズのプレゼント、パブリックビューイングチケットの割引メルマガ配信のほか、ECサイトでの公式グッズ販売(2019年1月開始予定)など、様々な会員限定コンテンツをお楽しみいただけます。

実は既存のプロ団体にも、このような「ファンクラブ制度」的なものがあるのですが、Mリーグのオフィシャルサポーター制度は、それらとは別次元の存在に思えました。

※ 次号発売までは 33%程度、途中までの掲載です。
続きは、「月刊・麻雀界」最新号をご覧下さい!

(前回までの連載は、全文無料でご覧いただけます)

▲▲▲ ここまで馬場プロの連載より ▲▲▲

第37回連載 へ戻る<<

▼ 上記は、月刊「麻雀界」2019年3月1日発売号に掲載された内容です。

月刊「麻雀界」
>> 月刊「麻雀界」の最新号をチェック!

バビィの新・「プロ論」
>> バビィの新・「プロ論」特集トップへ

Page Top