Mリーグ「第2回ドラフト会議」が開催! 8名が指名され、契約交渉へ

プロ麻雀リーグ「Mリーグ」ドラフト会議2019
>> 「Mリーグ」ドラフト会議2019 AbemaTV放送ページ

[更新日:2019/07/16、公開日:2019/07/10]

利用画像 © M.League、AbemaTV

 Check    はてなブックマーク

2019/07/09、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」の 第2回ドラフト会議 が開催されました! 指名形式や指名選手についてご紹介したいと思います。

※ 初年度の2018年は、参加7チーム・各チーム3名でした。初代Mリーガーは、21名全員の契約更新が発表されています。

Mリーグ「ドラフト会議」2019

番組冒頭で、Mリーグ審判長の 張敏賢 さん、Mリーグ実況の 小林未沙 さんの説明にもあった通り、前年と違い2019年は

8チーム目「KADOKAWA サクラナイツ」が新規参入

契約選手は「3名 or 4名」制に(2018年は3名)

男女混成」制に (男性1人以上・女性1人以上が必須)

というレギュレーション(規制・規則)変更がありました。この変更により、2019年のドラフト会議では 女性4名以上 を含む 最低6名~最大11名 が指名されることになりました。

「ウエーバー方式」採用で、指名の重複・抽選は起こらない

指名の順番がやや複雑ですが、まず新規参入のKADOKAWAチームのみ、補充ドラフト(3名を指名) を行います。その後、全8チームが順番に 獲得ドラフト(チーム4人目の指名) を行います。

下の画像の順番どおり、獲得ドラフトは ウエーバー方式 で行われ、前年度の下位チームから指名が行われます。新規参入のKADOKAWAチームの獲得ドラフトは8番目となります。

Mリーグ「ドラフト会議」

既存3名が全員男性のチームは、4人目に「女性の指名」が必須ですが、すでに男女混成となっているチームは、4人目は「指名なし」とすることもできます。

※ なお、ドラフト指名される可能性があるのは、下記5つの「麻雀プロ団体」の所属選手のみです。

  • [連盟]: 日本プロ麻雀連盟
  • [最高位戦]: 最高位戦日本プロ麻雀協会
  • [協会]: 日本プロ麻雀協会
  • [RMU]: RMU(アールエムユー)
  • [麻将連合]: 麻将連合 μ(まーじゃんれんごう ミュー)

Mリーグ「ドラフト会議」2019

また、事前の「#次の女性Mリーガーはきっとこの人」予想で上位になった、1位:水口美香 プロ、2位:日向藍子 プロ、3位:岡田紗佳 プロの3名は、番組放送中に生中継が入っていました。

KADOKAWA サクラナイツの、補充ドラフト3名

Mリーグ「ドラフト会議」2019 KADOKAWA サクラナイツ

まず、最初に行われた「KADOKAWA サクラナイツ」の補充ドラフト。指名結果は以下の3名。左の選手から、1名ずつ順番に発表されました。

Mリーグ「ドラフト会議」2019 KADOKAWA サクラナイツ 内川幸太郎 岡田紗佳 沢崎誠

麻雀ファンのあいだでも指名予想が高かった、内川プロ・岡田プロが順当に選出。大ベテランの沢崎プロは実績は申し分ないですが、指名を予想した方は少なかったのではないでしょうか?

チーム名 [企業名] 1位指名 2位指名 3位指名
KADOKAWA
サクラナイツ

[KADOKAWA]
内川幸太郎 *男性
[連盟]
岡田紗佳 *女性
[連盟]
沢崎誠 *男性
[連盟]

Mリーグ「ドラフト会議」2019 KADOKAWA サクラナイツ 岡田紗佳

ずっとドキドキしていて、自分が指名された後も頭が真っ白で、理解するのに時間がかったのですが、一生懸命がんばってきてよかったなと思いました。

内川さん、沢崎さんのお二人がチームメイトということで、自分自身が実力も実績も足りないので、特に沢崎さんの経験値を学んで一緒に成長していきたいなと思っています。

岡田紗佳 プロ ドラフト指名後のコメント)

▼ モデル業など芸能界でも活躍されている、岡田紗佳 プロ。昨年指名された、萩原聖人 プロに続いて、芸能界から2人目のドラフト指名となりました。

各チームの獲得ドラフト(4人目の指名)

Mリーグ「ドラフト会議」2019 獲得ドラフト(4人目の指名)

続いて、各チームの4人目の指名結果は以下の通り。女性4名、男性1名が指名されました。

Mリーグ「ドラフト会議」2019 内川幸太郎、岡田紗佳、沢崎誠、和久津晶、瑞原明奈、藤崎智、日向藍子、丸山奏子

事前予想の高かった、藤崎プロ・和久津プロ・日向プロが選出。そして、タイトル獲得実績はありませんが、瑞原プロ・丸山プロは将来性を含めての選出となりました。

チーム名 [企業名] 前年順位 指名4人目
TEAM RAIDEN / 雷電
[電通] 前年7位
指名なし
セガサミーフェニックス
[セガサミー] 前年6位
和久津晶 *女性
[連盟]
U-NEXT Pirates
[U-NEXT] 前年5位
瑞原明奈 *女性
[最高位戦]
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
[コナミ] 前年4位
藤崎智 *男性
[連盟]
渋谷 ABEMAS
[サイバーエージェント] 前年3位
日向藍子 *女性
[最高位戦]
EX 風林火山
[テレビ朝日] 前年2位
指名なし
赤坂ドリブンズ
[博報堂] 前年1位
丸山奏子 *女性
[最高位戦]
KADOKAWA サクラナイツ
[KADOKAWA] 新規参入
指名なし

Mリーグ「ドラフト会議」2019 渋谷ABEMAS 日向藍子

自信がなかったので指名された瞬間は本当にびっくりして、3回くらい確認してしまいました。昨シーズンはパブリックビューイングなど、観客の皆さんの近くで応援していたのですが、憧れていたMリーグに自分が参加できることに未だに信じられないのと、嬉しい気持ちでいっぱいです。

応援してくださった皆さま、投票してくださった方、そして仲間のためにも、しっかりと戦える選手に、もっと強くなりたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします。改めて、呼んでいただいてありがとうございます。がんばります。

日向藍子 プロ ドラフト指名後のコメント)

「指名なし」が3チームと多かった印象ですが、

Mリーグのシーズン中に4人目の獲得が可能予定

であると、ドラフト放送時の説明や『熱闘!Mリーグ#26』での藤田チェアマンの発言がありました。正式発表はまだとの事ですが、4人目指名なしの「3チーム」は、シーズン中に選手の追加招集があるかもしれません。

▼ 麻雀遊戯王さんでドラフト会議直後、各チーム代表者の「囲み取材動画」が公開されています。今回は指名されなかった、ドラフト候補者 を公開したチームもあり。

初代Mリーガー21名 + ドラフト指名8名

セガサミーフェニックスは、男性1人・女性3人のチーム構成で目立ちますね。今回のドラフトでは指名選手との「交渉権獲得」ということで、チームは7月末までの契約に向けて交渉を行います。指名された8名全員が無事に契約となるでしょうか?

Mリーグ「ドラフト会議」2019 内川幸太郎、岡田紗佳、沢崎誠、和久津晶、瑞原明奈、藤崎智、日向藍子、丸山奏子

2年目のMリーグは、9月30日(月)に開幕 。放送スケジュール等が発表されたら、麻雀の雀龍.comでも続報をお届けしたいと思います。

▼ 指名された 全8名のコメント は、Abema麻雀TIMESさんの記事をご覧ください。

残念ながら、選出されたなかったプロ達

2019年6月30日放送の『熱闘!Mリーグ#26』では麻雀ファン100人のドラフト予想が発表されていました。残念ながら、今回は 金太賢 プロ、朝倉ゆかり プロ、二階堂瑠美 プロなどの有名プロは指名されませんでした。

Mリーグ「ドラフト会議」2019

また、麻雀ファンから指名が期待され、ドラフト放送時に生中継もつながっていた、水口美香 プロも指名はなく、今回は悔し涙となりました。

Mリーグ「ドラフト会議」2019 水口美香

昨年の「第1回ドラフト会議」では指名が有力視されていた、内川幸太郎 プロは指名されず、無念のドラフト直後に下記のツイートをされていました。

その後、有言実行で有名タイトルの「十段位」も獲得。上記の通り2019年に「KADOKAWAサクラナイツ」からドラフト指名。ドラマチックな展開となりました。

今回、Mリーガーを目指しつつも選出されなかった皆さんにも、内川プロのように次のチャンスがあると思います。今後も麻雀プロの皆様のご活動に注目したいですね。

プロ麻雀リーグ「Mリーグ」ロゴ
>> ドラフト会議2018 特集へ

プロ麻雀リーグ「Mリーグ」ロゴ
>> 麻雀プロリーグ「大和証券 Mリーグ」 トップへ

※ このページの企業名表記と、正式名称の対応

Page Top